おすすめ記事, 再利用してもらう

人気ショップは必ずやっている、ネット通販で売上を伸ばすポイント

ネットショップを運営している方の多くは、広告を出したり、キャンペーンを行って、集客施策を行っていると思います。

でも、「施策を実施している期間は売上が上がるけど、期間が終わると売上も下がってしまう…」そんな状況になっていませんか?

今回はそんな状況を打破するための一つの手法である「リピート対策」についてお伝えしたいと思います。

これを読めば、リピート対策の重要性を感じていただけることでしょう。

1.リピート対策はなぜ必要なの?

お店の売上の8割は、2割の顧客によってもたらされています。(パレートの法則)
したがって、この2割のお客様=優良顧客を増やすことが売上を伸ばすことに大きく影響するのです。

また、顧客獲得単価が新規顧客と既存顧客では大きく違います。
新規顧客を獲得するためには3~5倍のコストがかかると言われており、せっかく購入に至っても目玉商品を購入しただけですぐに違うお店にいかれては売上にはつながりませんよね。

つまり、新規のお客様も大事ですが、一度買ってくださった方をいかにもう一度買っていただくか=リピートしてもらうかが重要なのです。

売上の8割は2割の優良顧客が占めている(パレートの法則)

2.リピーターが増えることのメリット

①安定的な売上が見込める

リピーターは繰り返し商品を購入してくれるため、安定的な運営につながります。

また、持続的に売上が上がるサイクルができるのて、新たな施策の資金も調達しやすくなり、新規顧客を獲得し、リピーターに育ているという好循環が生まれます。

 

②価格競争からの脱却

何度も購入してくれるというのは、単に価格が安いからだけではありません。
サイトの使いやすさや商品のこだわり、さらには店主の想いや価値観に共感していくれているからです。
そんなファンのような顧客が増えていけば、価格だけに興味をもっているお客様を無理に集める必要がなくなるので、安易な価格競争に巻き込まれることがなくなります。

 

③口コミで新たなお客様を呼び込む

リピーターは理由があって特定のショップで買い物をします。ショップの良さや特徴をわかってくれているファンなので、そういった方のポジティブな口コミは他の顧客の購買にも大きな影響があります。

 

3.リピーターにならない理由

お客様がリピートしないのは、なぜだと思いますか?
商品が気に入らなかったのでしょうか?または、お店の対応で良くない点があったのでしょうか?

実は、リピーターにならない一番の理由は「忘れているから」です。
お店や商品に不満を持っているわけではないのに、リピートしてもらえないというのは、すごくもったいないですよね。

つまり、もう一度購入してもらうためには、お店を思い出してもらうためのアプローチを行うことが重要なのです。

ECサイトでリピート利用People vector created by pch.vector – www.freepik.com

まとめ

さて、ここまでリピート対策の重要性とリピートしない顧客心理についてお話してきました。

リピート対策することで、ネットショップの売上が安定し、さらなる新規顧客獲得の資金調達がしやすくなるという好循環が生まれます。

しかし、一度は買ってもらってもリピートしない顧客心理は、ずばり「忘れている」から。

お客様に自分のお店を”思い出してもらう”ために、どんなことをすればよいのか。

具体的な方法はまた次回お伝えしたいと思います。

マイティー千葉重無料ECサイト診断