instagram活用術_とうほくの売り方
おすすめ記事, 新規利用者を増やす

【SNS担当者必見】通販サイトの集客に繋げるInstagramの活用方法

自社の通販サイトの集客方法に一つに、SNSの活用は非常に効果があります。

今回は、Instagramを活用した集客の具体的な方法について説明していきたいと思います。

具体的な手法をご紹介する前に、そもそも集客におけるSNSの位置づけについて明確にしておきましょう。
SNSで情報発信さえしておけば自社の通販サイトへの訪問数、購入数が増加する訳ではありません。
SNSはあくまで、通販サイトに誘導するための入り口であることを認識しておきましょう。

顧客購買行動に合わせて購入導線を設計する必要があり、SNSは入り口になる

上記の図から、SNSは消費者の興味喚起、通販サイトに流入するための第一歩であることがわかるかと思います。

それでは次項から具体的にInstagramを使って、自社の通販サイトに集客するためのポイントを見ていきましょう。

SNSは人と繋がる場から、情報と出会う場に。

実に多くの企業が自社のプロモーションにInstagramを活用しています。その理由として、SNSが人と繋がる場から情報と出会う場にシフトしていることが大きな要因となっています。

これまで何か商品の情報を調べたいとき、検索エンジンなどで「ググって」いましたよね。それが今では実に多くの方が、Instagramを検索ツールとして活用しているのです。まさに、「ググる」から「タグる」へ、これまでは人と繋がるツールとして用いられてきたSNSがプロモーションに活用される所以はここにあります。

Googleで検索するのではなく、Instagramのハッシュタグで検索する時代へ

ハッシュタグを使いこなす

では、Instagramの投稿がどのように通販サイトに繋がるのか、その流れを認識しておきましょう。先出の図のように、
ユーザーは気になる商品や関連ワードをInstagram上で検索すると、そのハッシュタグが付いた投稿が、表示される仕組みになっています。

ゆえに、検索に引っ掛かるために、自社商品や投稿のタグ付けが大変重要になるのです。

ハッシュタグの選定方法

それでは、どんなハッシュタグを付ければ、検索結果に上がるのか、手法の一例をお教えします。おすすめの調査方法は無料で使える「in HashTags」(androidアプリ)です。

ツールを使うことでインスタグラムに最適なハッシュタグがわかるようになる

 

以下、「in HashTags」使用上のポイントです。

  • キーワードを検索すると、そのキーワードが含まれたハッシュタグが投稿数順に表示され、人気のハッシュタグが見つけやすい
  • 「地名」や「固有名詞」などエリアを認知しているものと、認知していないものに大分するとよい(エリア認知がない場合、ターゲットが全国区になり直接成約に繋がりにくくなるため)
  • 上記を考慮し、最初はエリア認知があったり、店名などブランド認知のあるターゲット層に向けた発信をした方が、フォロワーを集めやすい

 

おわりに

今回は、Instagramにおけるハッシュタグの重要性と、効果的なハッシュタグの付け方についてご紹介しました。ただ闇雲にハッシュタグを付けるのではなく、狙ったターゲットに向けて響くような効果的なハッシュタグを是非付けて発信してみてくださいね。

マイティー千葉重無料ECサイト(通販)診断で売上アップ